「道の辺の 尾花が下の 思い草 今更になど 物か思はむ」

「今更に 何をか思はむ うちなびき 心は君に寄りにしものを」



おもい-ぐさ